MENU

軽い運動で記憶力アップ!

軽い運動で記憶力アップ!

 

記憶力をアップさせるカギは、「脳を活性化させること」にあります。

 

脳を活性化させるためには、計算問題を解くなど脳のトレーニング、いわゆる脳トレも効果的ですが、脳ではなく体を使うトレーニングや運動も脳の活性化に効果的な方法です。

 

激しい運動は必要ありません。体をリラックスさせて楽しい気持ちにモチベーションをあげることが目的なので、「散歩、ウォーキング」がおすすめです。

 

たとえば、発想力を必要とする仕事(デザイナーや商品企画など)をしている人は、趣味が散歩の人が多いと言われています。

 

このデータがすべてではありませんが、実際に散歩をすることで気分転換になるだけでなく、「シータ波」が出て脳が活性化します。

 

リフレッシュを兼ねて脳が活性化されることによって、記憶力が働きやすくなります。

 

ちなみに、シータ波とは脳波のひとつです。

 

脳波には、アルファ波やベータ波、デルタ波などの種類もあります。この中でも、シータ波が出ているのはリラックスしている状態です。

 

ですから、リラックスする運動法は効果的で、たとえばヨガも該当します。ヨガは瞑想するため、シータ波が出て散歩と同じように、脳の活性化に良いと言われています。

 

その他の脳波について簡単に言うと、アルファ波もリラックスした状態ですが音楽を聴いているときなどに出ます。ベータ波は心配がある状態、デルタ波は無意識の状態に出るとされています。