MENU

記憶力が高まるゴールデンタイムがある?

記憶力が高まるゴールデンタイムがある?

 

もし記憶しやすい時間帯が分かっているなら、それを上手く利用して効率よく記憶したいですよね。

 

特定の覚えたいことがあるとして、がむしゃらに覚えようとしても、簡単に記憶できるわけではありません。

 

実は、記憶しやすい時間帯はあります。

 

それは、

就寝時間から逆算して1〜2時間前
です。

 

つまりは、寝る1〜2時間前の間が、記憶力のゴールデンタイムです。覚えたいことを学習するならベストの時間帯です。

 

なぜなら、記憶は寝ている間に定着するものだからです。

 

まず、寝ている間に、脳内にある「海馬(かいま)」が情報処理を始めます。このとき必要な情報と不要な情報を選別します。こうして振り分けられた必要な情報を大脳皮質が保管することによって、記憶が定着するメカニズムになっています。つまりは、寝ている間に記憶の定着が行われるため、寝る前の時間帯が記憶しやすい時間ということです。

 

覚えたいことを学習したあと寝ることで、その情報が効率よく記憶しやすくなります。

 

寝る前に覚えたことは、脳が生命活動に必要だと判断するため、優先的に記憶されます。

 

次に、睡眠についてですが、睡眠の質も重要です。よく健康のために良質な睡眠が大切と言いますが、記憶においても同じです。

 

必要な睡眠時間は個人差がありますが、大体8時間の睡眠が必要とされています。

 

ただ忙しさからそれほど睡眠時間が割けない方も多いと思います。ですので、

最低でも4時間は睡眠時間を確保し、良質な睡眠をとりましょう。