MENU

効率よく記憶するために必要なのは「アウトプット」

効率よく記憶するために必要なのは「アウトプット」

 

物事を覚えることをインプットと言いますよね。

 

覚えたいことが難しいものや、量が多い場合、また自分にとって興味のない内容ではインプットもうまくできません。

 

効率よく記憶していくためには、インプットの反対の「アウトプット」も必要になります。

 

今は情報社会なのでとくに情報が多く、覚えたい量が満載ですよね。

 

それをインプットしようと意識しなくても情報を得るだけでもインプットされていきます。

 

しかし、それが記憶として定着するとは限りません。

 

記憶には短期記憶と長期記憶というパターンがあり、多くが短期に分類されるため、実際は重要なことでも短期間で記憶が消えてしまいます。

 

重要で覚えたいことに対して興味を持つことで記憶することができるのですが、それに加えて、アウトプットもしていくことで記憶が長いこと残るようになります。

 

たとえば、留学生が日本語を習って日本語がうまくなるのは、習ったあとすぐに日本人と会話をするからです。つまりは、習ったことを口から出していく、アウトプットを行うことで記憶が長期間記憶として残ります。

 

覚えたいことは人に話すなどして情報を共有したり、インプットと同じ情報量をアウトプットすることで記憶力が磨かれます。