MENU

やる気やモチベーションが記憶力と関係している?

やる気やモチベーションが記憶力と関係している?

 

記憶するための原動力になるものこそが、やる気やモチベーションです。

 

やる気やモチベーションがなく、勉強をして試験で良い結果が出なかった経験はありませんか。

 

面倒くさい」とばかりマイナスに考えて勉強しても、覚えたいことを記憶することができません。

 

ですが、自分が好きなことは簡単に覚えられませんか。たとえば、歴史が好きなら年表や出来事、好きなタレントのプロフィールや歌手の歌詞など。自分が興味を持っていることに対しては、素晴らしいほどの記憶力が発揮されますよね。

 

つまりは、勉強する場合でも、興味を持ち楽しんで行うことが大切です。やる気を持って取り組むことで結果につながります。

 

子どもの頃に、親に勉強でいい成績が出たらお小遣いやお菓子を買ってあげるなどと言われると、やる気が出ましたよね。

 

それと同じで、大人になっても、

自分に対してご褒美を用意することでモチベーションがあがり、記憶力アップになります。

 

仮に1から100まで覚えたいことがあったとして、1から10まで覚えられたら自分にご褒美をあげるなど、工夫することで効率よくなります。

 

ちなみに、脳にとってやる気が原動力になることはマウス実験でも明らかになっています。